カテゴリ:南紀旅行記( 2 )

紀伊半島 世界遺産と名勝巡りの旅~1日目~

当初名古屋を7時には出発してという予定でしたが、
10時過ぎに出発!!?

かなり出遅れてます。また途中 豪雨です。なんでかな?苦笑
2日間の旅行ですが、名古屋→三重→和歌山→大阪とぐるっと一周です。

最初の訪問地

『 丸山千枚田 』

三重県熊野市
小さな田がいくつもいくとも重なり合って約1300といわれています
e0066495_2195979.jpg

丘の上にベンチがありました。ご老人が眺めておりましたが、じつにのどかですね
この風景ですから・・・・

e0066495_2212836.jpg

             クリックでパノラマでご覧下さい
e0066495_2221145.jpg

少し田の周りを歩いてみたかったのですが、なにせ14時過ぎてます。
まだ一件目なのに・・・汗

次の訪問地

『 紀宝町ウミガメ公園 』
道の駅にある、この施設は無料で見学ができます。
e0066495_228589.jpg
e0066495_2283599.jpg

e0066495_2293839.jpg

目の前でみれますよ

そして、車は南下していきます。
海がきれいでした
e0066495_232246.jpg

ようやく、和歌山県へ

次の訪問地

『 熊野那智大社 』

e0066495_2441628.jpg

473段の石段を登り(大汗)しかし 素晴らしい眺めがまってました。
e0066495_239253.jpg

e0066495_2394558.jpg
e0066495_239571.jpg



e0066495_2425568.jpg
e0066495_243167.jpg

素晴らしいの一言ですね

大汗をかきながら、次の訪問地へ

『 橋抗岩 』40余りの奇岩が850mにわたって海上に連なる景勝地
e0066495_2535770.jpg

e0066495_2541214.jpg
e0066495_2541864.jpg

勝浦から、更に南下
串本の本州最南端へ 既に車中の中 夕暮れをむかえようとしています
e0066495_2583923.jpg


『 本州最南端 潮岬灯台 』
e0066495_315749.jpg

残念ながら、時間外で中には入れませんでしたが この空と灯台 いいですね♪
そして、潮岬黒潮ライン(道路)を走り大島へむかいます。
夕暮れピークです
e0066495_333766.jpg
e0066495_334310.jpg

いや~ とてもきれいでした★★ いつまでもこの夕陽をみていたかったです
『 樫野埼灯台 』
日本最古の石造り灯台
e0066495_364632.jpg


ちょうど、19時前です。お腹もすいたので、約30kmまた戻り勝浦へ
e0066495_312490.jpg

こちらは、まぐろ料理専門店『竹原』です。とても有名な店らしく
友人のオススメでいってまいりました。ここ勝浦は日本でマグロ水揚げ日本一らしいです
竹原では、他では食べれないマグロ料理の数々が味わえます。
心臓・胃袋・尾びれ、白子など
刺身定食と、尾びれ、胃袋をオーダーしました。どれもとても美味しかったです
e0066495_315825.jpg
e0066495_3153699.jpg

e0066495_316822.jpg


お腹も一杯になって むかうは白浜です。
宿もとってなかったので 白浜の付近で探しましたが 結局は駐車場にて今夜の宿は決まり
です。 
[PR]
by kazuyukiarai | 2006-09-01 05:01 | 南紀旅行記

紀伊半島 世界遺産と名勝巡りの旅~2日目~

さて、朝6時前に起きて (千畳敷の駐車場でお泊り)したので
階段状に伸びる岩、名前の由来は畳を1000枚敷き詰めたほどの由来から

しかし、落書きがすごいです。日本人ってどうなのかしら??と思っちゃいますね
(なんか意味あるのかな?名前彫ったり)
e0066495_3433259.jpg

そして、温泉です。 白浜湯崎にあります
『崎の湯』
露天だけですが、300円 気持ちいいですね
e0066495_3452433.jpg
白浜温泉でも最も古い湯崎
万葉の時代から愛され、斉明天皇、中大兄皇子なども訪れてる(←だれ?みたいな笑)


e0066495_3495465.jpg

ん~、7時オープンですぐにいきましたが、先客が ごめんないさいね カメラで
写して
写真みてわかりますが、雲が怪しい・・・この後 大雨 なんなんだ朝から
天気予報と違います 自分が動くと雨がふる いったいどうなってるんじゃい!
そして、白浜地区にあります観光スポットへ

『三段壁』
e0066495_3535362.jpg
平均50mの高さの岩盤が2kmに渡っている
e0066495_3541100.jpg


『円月島』
正式名称は高島 夕日が穴に入ると当たりです。いやいや素晴らしい光景でしょうね
e0066495_356123.jpg


白浜から、137号線に入り熊野へ
e0066495_3591411.jpg


『川湯温泉へ』
e0066495_401671.jpg

e0066495_422628.jpg
e0066495_424290.jpg

ここは川原を掘ると温泉が湧き出すという全国でも珍しい温泉。
自分だけの露天風呂が出来上がり
川もとてもきれいです
けっこう熱いんです 川の水と混ざっていい湯~でした。足湯状態でしたが
e0066495_454576.jpg

じつは、わたくしも飛び込みたかった・・・・笑

続きまして、この近くにある
『湯の峰温泉』
唯一 世界遺産に登録されている温泉「つぼ湯」に入りたかったのですが、
30分の完全貸切 残念ながら90分待ちの為、諦めて温泉卵作りしました。
e0066495_412569.jpg

情緒ある風景ですよね
e0066495_4135956.jpg
e0066495_414959.jpg

つぼ湯のとなりに湯筒(90度)卵をかって温泉たまごに
10分ぐらいと言われたのでタイマーをかけて(腹タイマー?)
お腹がなったので、あげましたが ちょっと黄身が硬い なので割った写真はなしで涙
e0066495_4165490.jpg


次は『 熊野本宮大社 』
日本代表のやたがらすでお馴染みですね
e0066495_4221624.jpg
e0066495_4222587.jpg

「人生の出発の地」 わたしもここから人生やりなおしますか?
e0066495_423931.jpg


そして、168号線で 奈良県の「十津川村」へ
十津川って?推理小説好きな人は西村京太郎の主人公 十津川警部の
十津川は作者が地図をみて、十津川という名を気に入り命名したとの事で
この街は、日本一の吊橋、日本一広い町(面積)と温泉地としての顔もあります。
e0066495_4281489.jpg
e0066495_4282010.jpg

十津川村へ入り、最初にこの滝があります。目の前まで入れるので
迫力満点です。
次のスポットは
『野猿』です

一人乗りです。
e0066495_431353.jpg
e0066495_4314169.jpg
e0066495_4314767.jpg

これ、疲れるんです 自分で引くので 入り口に売店がありまして、
おばちゃんが、親切でいろいろ十津川の情報を教えてもらいました。
全く、買う気がなかったのに、さんま寿司を買っちゃいました
e0066495_4334226.jpg

美味しかったですよ
この辺りは世界遺産に登録されているので、じつに素晴らしい景色です

e0066495_4351668.jpg
e0066495_4352365.jpg

野猿で大汗をかいたので、温泉へ

『滝の湯へ』
e0066495_4394421.jpg
e0066495_439504.jpg

とてもいいお湯でした。露天が最高ですね 滝が流れ 極楽でございました

つぎは、日本の滝百選の『笹の滝』へ
ここは、かなり奥地です。崖に落ちたらあの世行き間違いない細い道を進みます

e0066495_4443855.jpg

   どうですか
e0066495_445483.jpg

e0066495_4481536.jpg


e0066495_4482174.jpg

緑がいいですよね~ マイナスイオンたっぷりです。
しかし、この後 豪雨です。じつは、↑の温泉も豪雨 アハハ 行くとこ雨が着いてくる?

最終の目的地 『谷瀬の吊橋』
ここは、日本一の吊橋 高さ54m 長さ297m
e0066495_454816.jpg

              クリックするとパノラマです
e0066495_454201.jpg

危険ですから???危険です 怖いです 高いです笑
e0066495_4553068.jpg


そして、五條へ抜けて大阪へ
大阪の友人と合流して お好み焼き屋で今回の旅は終了です
e0066495_459201.jpg


今回、改めて感じたのは、日本には たくさんいい所があるんだな~と思いました。
47都道府県もあるんですからね これからも、旅をしたいと思います。
ふれあい、感動、喜び、旅の醍醐味でしょうね♪
[PR]
by kazuyukiarai | 2006-09-01 04:23 | 南紀旅行記